飲食店が倒産する理由とは?倒産前にゴーストレストランで副収入を得る方法も解説

xkitchen

2022年現在、飲食店大量倒産時代に突入しました。

年内に5,000件が「新型コロナ」関連の経営破たん(負債1,000万円以上)に到達のおそれありと発表されています。

参考:https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20221122_02.html

この大半を占めるのが飲食業で全体の15.7%を占めると言われています。

大手飲食店でも苦しむ中小さい飲食店はどう生き残っていけば良いのでしょうか。

その解決案の1つとして現在ゴーストレストランが注目されています。

[kanren postid=”15″]

今回はなぜ、小さい飲食店でゴーストレストランを開業することが解決策になるのか、その詳細を解説します。

飲食店倒産の原因

飲食店が倒産する理由は、大きく分けて3個あります。その理由を1つずつ解説していきます。

飲食店が倒産する理由①:資金繰りの悪化

代表的なものは資金繰りの悪化です。経営が安定する前に運転資金が不足してしまい、倒産するケースが非常に多い結果となっています。

内装工事や、思わぬトラブルで想像以上にコストがかかってしまった場合になどに陥りやすい状況です。

半年ほどの運転資金を準備できると理想的ですが、現実的には難しいです。

家賃などの固定費、内装工事の費用を抑えるなど出費を抑える経営が大切です。

飲食店が倒産する理由②:人手不足

次に人手不足です。昨今ではどの業界でも人手不足が問題となっています。

特に飲食店では深刻な問題で、人材採用は非常に厳しい状況です。

実際に人手不足倒産をした企業も多くあります。

飲食店では従業員の質がお店のサービス、評価に大きく影響します。少数でも問題なく運営できることや、従業員が働きやすく離職の少ない職場作りが大切です。

飲食店が倒産する理由③:売上低迷による営業不振

ここ数年ではコロナの影響により、たくさんの飲食店が売上低迷の危機にさらされています。

2022年現在、主要居酒屋チェーンの店舗数は約2割減と言われています。

参考:https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20220216_02.html

仕入が高くなる一方、今後の状況も変化も読めません。

外食するタイミングが減った今だからこそ、飲食店は新たな収入源を持つことを迫られています。

マネすべきではない大手飲食店の倒産回避策

ここで、中小飲食店が真似すべきではない大手飲食店の倒産回避策をご紹介します。

ぜひ参考にしていただき、別の策を考えていただくことをおすすめします。

M&A

飲食業界はもともと倒産が非常に多い業界です。そのため、基礎体力を強化するために頻繁に会社の売買が行われます。

大手の定食屋、弁当屋では頻繁にM&Aがおこなわれています。

飲食店が生き残る手段の1つではありますが、中小飲食店にとっては自分たちが決定権を失ったり、そもそも買い取ってもらえないケースも多いようです。

人員を減らす(人件費節約)

人件費を減らすことでコストを削減する方法です。売上が低迷したときに真っ先に出てくる施策ですが、おすすめできるものではありません。

人件費を減らすことでサービスの質の低下、離職率が上がるなどの問題が出るからです。

仮に売上が回復してきたとしても、再度人員を増やすのは相当な労力がかかります。人員を減らす前に、ほかにコストカットできるものがないかを検討してみましょう。

中小飲食店にピッタリなゴーストレストラン(バーチャルレストラン)とは? 

中小飲食店の倒産を回避する方法にピッタリなのがゴーストレストランの運営です。

ゴーストレストランとは、簡単に説明すると客席を持たないデリバリー専門業態のこと。

UberEatsや出前館などから、受けた注文に対して調理、デリバリーするということです。

接客スタッフが不要なため、人件費も大幅に抑えられることで注目されています。

バーチャルレストランと呼ばれることもあります。

飲食店倒産を回避するためにゴーストレストランがおすすめな理由

飲食店が倒産を回避するためには、「ゴーストレストランの導入」を強くおすすめします。

ゴーストレストランFCを運営しているX Kitchen目線から、その理由を詳しく解説します。

初心者でも始めやすい

ゴーストレストランは実店舗の飲食店と比べると、圧倒的に簡単に開業することができます。

特に接客スタッフが不要のため、採用の手間もありません。既存店舗を運営しているようであれば、そのアルバイトをそのままゴーストレストランスタッフとして使うこともできます。

提供メニューの作り方、オペレーションも簡単なのでアルバイトでも即日対応が可能です。

また、ゴーストレストランFC運営会社がメニューを開発・提供してくれます。そのため、開発する手間や費用もなく始めることができます。

初期費用・運営費用が安い

ゴーストレストランは開業する際の初期費用を大幅に抑えることができます。

飲食スペースは不要で、調理スペースのみあれば開業できるからです。

そのため設備投資、リフォームが実店舗に比べて大幅に安くなります。

また、立地の影響をほとんど受けないため、2階以上の物件で運営して家賃を抑えることも可能。

そのため、必然的に運営資金も低くなり生存確率が高まります。

メニューの変更が簡単

ゴーストレストランでは提供メニューの変更を簡単におこなうことができます。在庫状況や、材料などを考慮し調整することができるので無駄のない運営が可能です。

またデータを取ることで、利益率の高い商品、人気商品を積極的に売り出すこともできるようになります。

ゴーストレストランFCでは、中華、スイーツ、イタリアンなど多種多様な業態が存在します。メニューの変更だけでなく業態の変更、追加が容易にできるのもゴーストレストランの魅力です。

既に売れている商品を扱える

ゴーストレストランFC運営会社のX Kitchenでは、既に人気商品として実績のあるものをご提供することができます。

初月からまとまった売上が見込めるので、黒字化する店舗様が多くいらっしゃいます。

また、エリアによって人気の業態はことなるので、場所に応じた業態の提案・メニューの提案もおこなっております。

大きく挑戦するのが怖い、初めてフードデリバリーで不安という経営者様は、ぜひゴーストレストランFCを検討されてみてはいかがでしょうか。

ゴーストレストランFCに加入するメリット

フードデリバリーを自社で立ち上げるのではなく、フランチャイズとして加入することには大きなメリットがあります。

Webマーケティングを任せられる

PCやネットに疎いと、自社の宣伝をするのは大変です。Webマーケティングでは覚えることが多すぎるため、最低でも半年くらいは勉強の期間が必要になります。

ゴーストレストランFCに加入すると、本部にいる専門のマーケターのアドバイスを受けることが可能です。

X Kitchenではデータに基づいたWebマーケティングで、売上を最大化するアドバイスをおこなっています。

デリバリーサービスに登録する手間が省ける

UberEatsや出前館など、フードデリバリーサービスの登録にはたくさんの要件があります。

メニューの開発はもちろん、商品説明や綺麗に写真を撮ることなど、店舗を運営しながらではとても難しい手順を踏むことになります。

しかし、ゴーストレストランFCに加入していればこの手間は一切不要です。

X Kitchenでは本部がフードデリバリーサービスの登録や、商品写真など全てをサポートします。

2週間以内でオープンして、初月から黒字化することも可能です。

X Kitchenでは加盟店舗の売上が最大化するよう、常に最適化しています。ゴーストレストラン加入をご検討中の方は、ぜひサービスページをご覧ください。

記事URLをコピーしました