UberEats(ウーバーイーツ)売上好調な店舗の収支事例。ゴーストレストランで副月商100万円

売上高の減少に悩む飲食店の経営者には、UberEats(ウーバーイーツ)を使ったフードデリバリー事業は魅力的に映っているはずです。

それでもどうしても決断に踏み切れないのは「本当に売上が伸びるのか」「儲かるのか」と懸念しているからではないでしょうか。

この記事では、飲食店がUberEats(ウーバーイーツ)を始めたことで売上高が100万円増えた事例を紹介したうえで、UberEats(ウーバーイーツ)でフードデリバリーを行ったときの利益構造を解説します。

UberEats(ウーバーイーツ)×ゴーストレストランで副月商100万円の事例

副月商100万円(月の売上高100万円増)を達成した事例として、神奈川県横浜市で中華料理店などを経営する飲食店を紹介します。

最初は失敗したがサポート会社を変えて成功

こちらのお店は中華料理店部門の売上が減ってきたことから、飲食店のゴーストレストラン事業をサポートする会社に登録しました。

ゴーストレストランとは、自分のお店の厨房を使ってフードデリバリーに特化した料理を提供する飲食業態のことです。

しかし、ゴーストレストラン部門のオペレーションが急増したにも関わらず、登録したゴーストレストランフランチャイズの支援が十分でなく、結局ゴーストレストラン部門はうまく立ち上がれませんでした。

その後、こちらのお店は当社のゴーストレストランフランチャイズに加盟し、今度は順調に売上高が増え、中華料理店だけでなく別の業態の飲食店でもゴーストレストランを始めました。

現在はゴーストレストランだけで副月商100万円を達成しました。月商100万円を突破する際の成功要因の一つに人気メニューの豊富さがあります。

フードデリバリー売上を増やすには人気メニューを増やす

なぜ、ゴーストレストラン事業(=フードデリバリー事業)において人気メニューの豊富さが鍵を握るのか。

それは、UberEats(ウーバーイーツ)で料理を頼む人は、今食べたい料理をUberEatsで取り寄せるからです。

例えば「昨日はUberEats(ウーバーイーツ)で中華料理を頼んだ。今日はタイ料理をUberEats(ウーバーイーツ)で頼もう」と考えるわけです。

飲食店の常連客であれば「あの店の料理をUberEats(ウーバーイーツ)で頼もう」と考えますが、一般客はそうは考えません。

一般的なUberEats(ウーバーイーツ)利用者は「昨日は中華料理、今日はタイ料理、明日はイタリアン」というふうにその時々で食べたい料理を注文します。

そのため、飲食店がゴーストレストランで売上を増やしたいと思うのであれば、人気メニューをどんどん増やしていかなければなりません。

ではどのようにすれば、1つのジャンルの料理しかつくってこなかった飲食店が、ゴーストレストランでたくさんのメニューを出すことができるのでしょうか。

フードデリバリーに特化したメニューをたくさん用意しているゴーストレストラン・フランチャイズに加盟すればよいのです。

先ほど紹介した、中華料理店でゴーストレストランを始めたレストラングループも、当社のゴーストレストラン・フランチャイズに加盟して成功しました。

ゴーストレストラン・フランチャイズについては後段で詳しく解説します。

UberEats(ウーバーイーツ)でフードデリバリーを始めた際の利益構造

飲食店がUberEats(ウーバーイーツ)を使って新たにフードデリバリー事業を始めた場合、以下のような利益構造になります。

■飲食店のフードデリバリー事業の利益構造

売上高 100% フードデリバリー事業のみ
食材原価 25% フードデリバリー事業のみ
包装原価 5% フードデリバリー事業のみ
広告宣伝費 3% フードデリバリー事業のみ
UberEats(ウーバーイーツ)の手数料 35% フードデリバリー事業のみ
人件費 0% 飲食店スタッフの空き時間を利用
店舗維持費 0% 飲食店の空き時間を利用
ゴーストレストラン・フランチャイズへのロイヤリティ 10% オプション

フードデリバリー事業のみ

利益 22% フードデリバリー事業のみ

フードデリバリー事業の月の売上高が100万円になったら、月の利益は22万円になります。

なぜこれほど利益率が高いのか。その秘密は人件費0、店舗維持費0にあります。ゴーストレストラン事業は既存のスタッフを使って既存の厨房で行うので、これまでのコストの中で運営ができます。低コスト体質の事業になるわけです。

ゴーストレストラン・フランチャイズは低リスクで簡単にメニューを増やせる

ここまでの内容を振り返ってみます。

■飲食店がゴーストレストラン事業で成功する秘訣

  • 人気メニューを増やす
  • サポートが充実したゴーストレストラン・フランチャイズに加盟する
  • 飲食店がゴーストレストラン事業で成功するには、この2つが必要です。

そして「充実したサポート」のなかで最も重要なのが、豊富なメニューです。優れたゴーストレストラン・フランチャイズは、短時間で調理できるメニューを多数用意して、加盟店に提供しています。

また、UberEats(ウーバーイーツ)を使う場合、UberEats(ウーバーイーツ)のサイトのなかで注目されるためのWebマーケティングのノウハウが必要です。

ゴーストレストラン・フランチャイズを選ぶ時は、豊富なメニューとWebマーケティングを支援してくれる企業を選びましょう。

XKitchenでは、ひとつひとつの店舗に合わせた最適な提案をさせていただきます。資料請求のみでも大丈夫です。お気軽にお問合せください。

飲食店の副収入。ゴーストレストランを2週間でオープン!

xkitchen CTA

X Kitchen(エックスキッチン)はゴーストレストラン、バーチャルレストランに特化した飲食ブランドをフランチャイズ展開している会社です。

飲食店本業のオペレーションを邪魔することなく、フードデリバリーサービスを開始し、店舗の売上向上に貢献するようなサービス提供をしております。

フードデリバリーの売上を増やしたいとお考えの飲食店オーナー様は是非サービス詳細を確認されてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です