ゴーストレストランで売れるメニューとは!?実績から分析する人気デリバリーメニューの特徴

ゴーストレストランを開始する際、売上にもっとも影響を与えるのがメニューです。
この記事ではフードデリバリーではどういうメニューが喜ばれるのか、どのようにメニュー開発すればよいのかについて解説します。

フードデリバリーではどんなメニューが好まれるか?

5w1hのフレームワークを活用して、「When(いつ)」「Where(どこで)」「Who(だれが)」「What(なにを)」「Why(なぜ)」「How(どのように)といった観点で売れるメニューについて解説します。

なぜそのメニューが売れるのか(why,how)

ubereatsなどのデリバリーで売れるメニューを作るためには、いくつか重要な観点があります。
1つはデリバリーでニーズにある業態を販売することです。
コロナで食文化にも変化がありましたが、お店に足を運んでまで食べたいと感じる業態のアンケートの1位はラーメンでした。

家でお店の味を再現するには難易度が高く、もし作るとしても手間もかかることを考えると納得がいく結果だと思います。

一方デリバリーで売れるものは何かと考えると、コンビニのメニューでは料理として物足りなかったり、販売されていないが食べたいものを注文されている傾向が高いです。

斬新で全く新しい業態はお客さんがどういったものが届くかイメージがつかず注文されない傾向もあるので、
「料理に親しみはあるがここでしか販売されていないユニークな商品」「定期的にどうしても食べたくなるが近くで販売しているお店がない」
といったジャンルの業態はよく売れている傾向があります。

また、メニュー単位でも「他のお店と比べて価格が安く納得感がある」、「魅力に移るメニューがある」「ここのソースが美味しい」といった他の飲食店やコンビニとの差別化が注文の動機に繋がります。

どこで販売するのか? 競合の状況(where)

どこで販売するかはデリバリーであり大半が家で頼むので割愛します。ここではエリアによってどういったものが売れるかという観点で解説します。
例えば焼肉の激戦区エリアに店舗を構えてゴーストレストランで焼肉を販売しても、
焼肉で有名なお店のものを注文したいという人が大多数で見つけてもらうこともできないかもしれません。
その場合、焼肉ではなくそのエリアに少ない業態やそもそも出店している飲食店が少ないジャンルでかつ、デリバリーでニーズがある業態を開発するのが得策です。

東京を例にあげると以下のような差があります。

渋谷は流行の最先端エリアで、タイ料理などのアジア系メニューの人気が高く、他にもドリンク系の注文が多い傾向にあります。

一方で、フレンチや寿司など高級志向の店舗は厳しいエリアと言えます。

新宿はハンバーガーやラーメンなど男性ウケするガッツリ系と、ヘルシー系やデザート系など女性向けのカテゴリのどちらも人気なエリアです。
また、歌舞伎町があるためアルコールの注文も多いです。
このように、エリアによって特徴が異なります。

◎具体的なリサーチ方法

1.uber eatsのアプリの住所を自身の店舗に設定して、どのような業態があるかをリサーチ

売れているレストランは評価数が多いので評価数と照らし合わせて人気レストランを探したり、逆に売れていないレストランも定期的に確認してみましょう。

2.住所を全く別のエリアにずらし、店舗内には少ないが売れているレストランを見つける

他のエリアでは人気だが、自分の店舗のあるエリアでは販売されていなかったり、数が少ないジャンルの料理は売上が立つ可能性が高いです。

3.定期的に1,2の方法を繰り返し法則を見つける

何度も繰り返していくうちに売れる業態の共通項を見つけることができます。
都度メモを取りながらどういった業態が売れるかを日々リサーチしてみましょう。
上記のような方法を繰り返すことで、なぜその業態が売れているかを把握することできると思います。

誰がターゲットで何を提供するか(who,what)

売れている業態は誰が食べているのかが明確です。
例えば健康思考な女性がターゲットだったら、低カロリーで野菜が多めの業態を作ってみたり、
深夜にジャンキーな物やがっつりとしたものが食べたいという男性をターゲットにすると肉が多く入っている丼ものなどが最適です。
初めから売れる業態を作るのは難しいですが、
ターゲットを絞り込むことで、一つ目の業態は売り上げが上がらなくても、女性に絞り込んで他のコンセプトや業態を複数作ることでニーズのある商品がわかるようになります。仮説を持って取り組むことが重要です。

いつ食べるのか(when)

メニュー単位でもランチはランチセットを食べたいというニーズが多いため、セットメニューの売上が上がるケースが見受けられたり、夜家族で団欒をしながらご飯を食べる方は複数のメニューを注文したり、サイドメニュー選択率が高くなったりします。デリバリー上でもサイドメニューやトッピングで付け合わせをつけたりと単価をあげる努力をすることができます。

デリバリーメニューを作る上で注意するべきポイント

具体的なデリバリーメニューを作る上で注意するべきポイントとしては、次のようなものが挙げられます。

料理が冷めにくい容器を使う

フードデリバリーサービスの問題点の一つが、食事がお客様の元へ届くときには出来立ての状態ではないということです。

せっかく注文してもらっても、料理が冷たくなって美味しくなってしまっては、低評価を受けてしまいます。
特に汁物やご飯とおかずが一つの容器に入れられている料理は、30分後に食べても美味しいかをチェックしましょう。

フードデリバリーサービスの一般化によって、保温性の高い容器が開発されるようになりました。

PSPなどの発泡素材の容器を使えば、出来立ての料理を提供可能です。

今までのPSP容器の場合、電子レンジを使用できませんでした。

しかし、最近は電子レンジを使用できる発泡素材の容器も増えています。

料理が冷めにくく、必要に応じて利用者が電子レンジで温め直すことができるような容器を選ぶようにしましょう。

注文頻度の高い健康志向の料理を提供する

新型コロナウイルスの流行によって、外出自粛やテレワークを実施する機会が増えました。

それに伴い、健康や体型を気にする人が多くなっています。

具体的には、パワーサラダやグルテンフリーメニューなどが挙げられます。

パワーサラダとは、野菜やフルーツ、肉、チーズなどを詰め込んだ主食になるサラダのことです。

アメリカの有名人の間で流行し、日本でも少しずつ知られるようになりました。

見た目が華やかで栄養が豊富なため、女性からの人気が高いです。

ビタミン、ミネラル、プロテインなどを同時に摂取できるのが魅力的です。

グルテンフリーメニューとは、小麦などに含まれるグルテンを避けた食事のことです。

本来はアレルギーがある人向けのものでしたが、最近は健康志向の人も取り入れています。

グルテンを摂取しないことで、体調が良くなる人が多いようです。

こういった健康志向の料理を提供してみましょう。

競合の少ない多国籍料理を提供する

普段あまりお店で見かけない多国籍料理を提供するのも一つの手です。

具体的には、ネパールやタイ、スリランカ、インドなどの料理はお店を出すには需要が小さいが、消費者としてはたまに食べたくなる料理です。

専用の店舗を構えるには費用対効果が合いませんが、ゴーストレストランは店舗を持つ必要がないため、たまに食べたい料理を提供するのにぴったりのビジネスモデルです。

フードデリバリーが一般化した今、たまには普段食べない料理を注文したいという需要が高まっているのです。

新型コロナウイルスの流行によって、以前のように気軽に海外旅行へ行けなくなりました。

そういった背景もあり、多国籍料理を食べることによって旅行気分を味わいたいと考える人が増えています。

多国籍料理は、フードデリバリーサービスで普段とは違うメニューを頼み、気分転換したい利用者に最適と言えます。

自社でオリジナルのデリバリーメニューを作る場合は、これらの注意点を把握しておいてください。

XKitchenならこういったフードデリバリーに特化したメニュー作りをしているため、美味しく調理工数の少ないメニューを提供可能です。

自社でメニュー開発が難しい場合は、ゴーストレストランフランチャイズを使うのも有効

自社でメニュー開発が難しい場合は、ゴーストレストランフランチャイズを検討しましょう。

ゴーストレストランをフランチャイズで開業するメリットは以下の3つです。

ポイント1:フードデリバリーに特化したメニュー開発

ゴーストレストラン専門のフランチャイズはフードデリバリーに特化したメニューを開発しています。

市場調査、競合調査をした上で、このメニューなら売れるというメニューを開発しています。
ゴーストレストランの成功を分けるのはメニューと言っても過言ではありません。

消費者に喜ばれるメニューを出せば注文が集まり、そうでないメニューでは注文されません。
また、メニューには流行り廃りがあるため、定期的にメニュー開発をしていかなければなりません。

また、取り扱う食材によっては必要になる許可証も変わります。

ゴーストレストラン特化のフランチャイズは法律面、市場、競合状況を全て調べてメニュー開発をしているので、ゴーストレストランを始めるときに心配になるメニュー開発の心配がなくなります。

ポイント2:多数エリアの売上情報を持っているため、トレンドをメニューに反映

先ほど解説したように、エリアによってフードデリバリーのニーズは変わります。
ゴーストレストランフランチャイズは各エリアの販売情報を持っているので、どのエリアではどのメニューが人気なのかを把握しています。

こうしたデータを用いながらあなたのエリアにぴったりのメニューをご提案いたします。

ポイント3:調理工数がかからないメニュー

フードデリバリーは注文からお届けまでを30分以内に収めることが推奨されています。

飲食店でゴーストレストランを開業する場合、イートイン側の注文対応もする中で、フードデリバリーの対応を行います。

その際、手間のかかるメニューを作ると、お届けまでの時間がかかりクレームに繋がります。

簡単に調理でき、なおかつ美味しいメニューを当社では作っております。
調理方法までを想定したメニュー開発が難しい場合は、当社のようなゴーストレストランフランチャイズを利用してもよいのではないでしょうか。

まとめ

フードデリバリーでは、お家で食べられない、コンビニでは買えないメニュー、調理してから30分経っても美味しい料理が好まれます。

料理が冷めにくい容器を使ったり、冷めても美味しいメニューを作ったりなどといったように、注意するべきポイントがいくつかあるため覚えておいてください。

自社でメニュー開発が難しい場合は、ゴーストレストランフランチャイズを使いましょう。

XKitchenは、フードデリバリーに特化したメニュー作りをしています。

美味しく調理工数の少ないメニューを提供できますので、是非利用を検討してみてください。

飲食店の副収入。ゴーストレストランを2週間でオープン!

xkitchen CTA

X Kitchen(エックスキッチン)はゴーストレストラン、バーチャルレストランに特化した飲食ブランドをフランチャイズ展開している会社です。

飲食店本業のオペレーションを邪魔することなく、フードデリバリーサービスを開始し、店舗の売上向上に貢献するようなサービス提供をしております。

フードデリバリーの売上を増やしたいとお考えの飲食店オーナー様は是非サービス詳細を確認されてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です